About Dr. Chie Iguchi

This is official homepage of Dr. Chie Iguchi, Faculty of Business and Commerce, Keio University, Tokyo, Japan.

井口知栄研究会の詳細なページはこちらへ → seminar基本情報

In English
Chie Iguchi is Associate Professor of International Business at the Faculty of Business and Commerce at Keio University in Tokyo.  She grew up in Japan, where she graduated from Shizuoka high school, and moved to England, where she studied all her higher educations in International Business and Economics.  She was awarded a MSc from SOAS and a MSc and PhD in International Business from University of Reading, Business School.

Before completion of her PhD, she became a lecturer at Witan International College in UK from 1998 to 2004, then moved to Japan in 2005 to join Ritsumeikan University, Faculty of Business followed by Rikkyo University, College of Business from 2009.  She joined Keio University, Faculty of Policy Management in April 2012 and Faculty of Business and  Commerce in April 2013.

She has been teaching and doing researches in the field of International Business, Global Innovation Management and Global Strategic Management.  Besides her professorship at Keio University, she was a visiting professor at Thammasat Business School in Bangkok between 2008 and 2012.  She also serves as Executive Secretary of Euro-Asia Management Studies Association (EAMSA) since January 2009 year for 3rd term (3 years per term), National Representative of Japan of European International Business Academy (EIBA) since April 2013 for 2nd term (3 years per term), Vice President of the Association of Japanese Business Studies (AJBS) since July 2013, and a board member of Academy of Multinational Enterprises since July 2013.

Her research interests include Roles of R&D in host Asian countries, Technological upgrading, Innovation activities and knowledge creation activities in host Asian countries, particularly Japanese TNC's behaviors in Thailand, Malaysia, Philippines, Taiwan, Singapore, India and Indonesia, as well as issues on headquarter and subsidiaries relationships.  She hosted Sue Bruning as a visiting professor (January - April 2014), Katharina Hildisch as a JSPS visiting fellow (July - Oct 2014), Markus Kowalski as a visiting researcher (Oct -Dec 2015),  Florian Kohlbacher as a visiting researcher (Dec 2015 - June 2016), and Yoo Jung Ha as a visiting fellow (Apr - June 2016) for collaborative research projects.  Besides her research activities and being an active member of scholarly associations, she is a member of FCCJ(the Foreign Correspondents' Club of Japan), FCCJ Toastmasters Club, and the Japan-British Society in Japan


For official information of Dr. Chie Iguchi, click here.
For official research introduction in English, click here.

In Japanese

現在、慶應義塾大学商学部准教授として、研究・教育活動に従事しています。専門は国際経営戦略論、グローバルイノベーションマネジメントです。取り組んでいる研究は「多国籍企業のグローバルイノベーション戦略」です。多国籍企業本社と子会社の企業活動への視点だけでなく、多国籍企業の子会社がホスト国で研究開発活動を行うことが、多国籍企業の競争優位の源泉にどのようにつながるのか、ホスト国にいかに貢献できるのか、という点を探究しています。対象としている国はタイ、フィリピン、マレーシア、シンガポール、台湾、インド、インドネシアです。最近では、日系企業の東南アジアへのFDIとヨーロッパへのFDIを比較しようと、新しい試みで研究に取り組んでいます。

主な論文には、" Global Innovation and R&D for Knowledge Creation: The Case of P&G, Unilever and Kao ", (in P. Ström, H. Dolles, C. and R. Middel (eds), Asian Inward and Outward FDI: New Challenges in the Global Economy, Basingstoke, Palgrave, pp.65-86, 2014, co-authored withT. Hayashi and A. Nakayama)., "Globalisation of R&D by TNC subsidiaries: the case of South East Asian Countries" (Asian Business and Management, Vol. 11, No.1, pp79-100, 2012)や "Determinants of Backward Linkages: The Case of TNC Subsidiaries in Malaysia"(Asian Business and Management、Vol. 7, No 1, pp53-73, 2008)などがあります。テキストとしては『国際人的資源管理』(関口倫記・竹内規彦・井口知栄編、中央経済社、2016)の第2章、『多国籍企業とグローバルビジネス』(林倬史・古井仁編、税務経理協会、2012)の第6章「戦略的知識創造の国際的メカニズムとダイナミック・ケイパビリティ」と、『マネジメント論‐管理、そして組織を考える』(田中照純、小久保みどり編、ナカニシヤ出版、2009)の第7章「現代企業のグローバル戦略」が日本語で書かれています。2017年度もいくつかの論文と著書を同時進行で執筆しています。

学部でInternational Businessとフランス語を専攻していた時に副専攻の経済学と国際経営の融合する学問を求めてロンドン大学SOASの修士課程に進学し開発経済学を専攻しました。SOASではAnne Booth教授(東南アジア経済専門)やMachiko Nissanke教授(国際経済専門)の影響を強く受けましたが、開発経済学ではなくて国際経営の道を究めようと英国レディング大学経済学研究科(専攻は国際経営論)に進みJohn Cantwell教授(当時の英国レディング大学教授、現ラトガースビジネススクール教授)に師事し、マレーシアの現地企業のイノベーションに与える多国籍企業の影響に関する博士論文を書きました。博士論文の一次データを入手するためにマレーシアでたくさんの方の協力を得て、100社以上の多国籍企業と現地企業にインタビューをしました。「異なる環境で得られた研究知識をシェアするのはなんて素敵なことなんだろう」というCantwell先生のお言葉をきっかけに、Cantwell門下唯一の在アジアになろうと2005年に帰国し現在に至ります。

2008年~2012年までタイ王国タマサート大学ビジネススクールでも客員教授として教鞭を取っておりました。学部・大学院時代に大変お世話になったタイ人の方々に間接的でも良いので恩返しができないかと、様々な活動をタイや東南アジアでしています。2015年度からは日本能率協会主催の「アジア共・進化リーダーズフォーラム」のコーディネイターを務め、東南アジアで日本企業がこれまでと異なり共・進化を意識したビジネス活動ができるかどうか、というリサーチクエスチョンの下でシンガポール、フィリピン、タイ、インドネシア、ミャンマー、カンボジアを対象に研究のお手伝いをしています。学会活動では、Euro Asia Management Studies Associationというヨーロッパとアジアの架け橋となる学会の理事(Executive Secretary)、European International Business Academyというヨーロッパの研究者を中心とする学会では理事(National Representative of Japan)、そして、AJBSの理事、多国籍企業学会の理事をしています。研究以外では、FCCJ(日本外国特派員協会)、FCCJ Toastmasters、日英協会のメンバーとして(時々日本ウェールズ協会の活動にも参加します)活動しています。今後も、グローバルに通用する、魅力的な研究を英語で発信していくと同時に、英語で発信する日本の国際ビジネス若手研究者を増やすことに微力ながら貢献していきたいと思っています。


Academic Background

静岡県立静岡高等学校卒業(106期)  BA in International Business from Richmond College, UK MSc in Economics with Particular Reference to the Asia Pacific Region from SOAS, University of London, UK MSc in Economic Development and International Trade from University of Reading, UK PhD in International Business from University of Reading, UK (Doctoral thesis titled "Effects of TNC Subsidiaries on the Development Path of Local Malaysian Suppliers")


Career Background

■英国Witan International College 講師(1998-2004) ■マレーシア・マラヤ大学(University of Malaya, Asia Europe Institute) 客員研究員(2001) ■米国ラトガースビジネススクール(Rutgers Business School, The State University of New Jersey)客員研究員(2004-2005) ■立命館大学経営学部国際経営学科専任講師(2005-2007、准教授(2007-2009) ■タイ王国・タマサート大学ビジネススクール(Thammasat University Business School) 客員教授(2008-2012) ■立教大学経営学部国際経営学科助教(2009-2012) ■ 慶應義塾大学総合政策学部准教授(2012-2013) ■慶應義塾大学商学部准教授(April 2013 - )


日本語の公式情報はこちらへ 
日本語での研究紹介ははこちらへ


Office Address

Keio University, Faculty of Business and Commerce
Faculty Research Building Room No. 448
2-15-45 Mita, Minato-Ku, Tokyo, 108-8345

〒108-9345 東京都港区三田2-15-45
慶應義塾大学 商学部 研究室棟448号室